【枕の必要性】枕はなぜ必要?枕がないとどうなる?

シェアする

枕はなぜ必要なのですか?

それは、人間の骨格がS字に曲がっていて、寝ている時にもそのS字を自然に保つ必要があるため。その役目を果たすのが「枕」なのです。

人類が直立歩行を始めるようになってから、それに対応するように体の骨格が自然とS字になって進化してきました。

直立した姿勢をそのまま横に倒してみると、首と床との間に、約1cmから6cm程度の隙間ができます。
つまり、そこの部分を適度に支えることができる枕が、理想というわけです。

また、就寝時には頭の重さを支えている「頸椎」も安定させる必要がありますが、枕は隙間を埋めるだけでなく、その役割もしているのです。

よって枕は、人間学的に必要なものなのです。

S字カーブ・枕は首の隙間を埋めるもの/枕の必要性

枕がないとどうなるの?

頸椎の支えがないと、肩こりの原因にもなります。

また高さの合わない枕や素材の合わない枕を使うことにより、不眠の原因になることもあります。
※ベッドやマットレスなど寝室環境も関わってくるため、すべての原因が枕にあるわけではありません。

枕が合わないことで起こる症状には、次のようなものがあります。

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 手足のしびれ
  • 首痛
  • 寝違い
  • めまい
  • 顔のむくみ
  • いびき

これらの症状がある場合は、枕を見直してみたり、専門家に相談することをおすすめします。

「枕のお勉強」トップにもどる

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告